HOME < おすすめの運動 < 中高年もOK!ボルダリング

中高年もOK!ボルダリング

ボルダリング
壁を自分の手足のみを使って登るボルダリング。中高年にとって、競技としては不向きですが、趣味として気軽に楽しむには十分続けていけるスポーツです。ダイエットはもちろん、全身をバランスよく鍛えることができるボルダリング、まずはどんなものなのかを知っておきましょう。


ボルダリングはどんなスポーツ?

ボルダリングとは、厳密には靴とチョーク以外の道具は使わずに、飛び降りたり落ちたりしても安全な範囲の岩を登るスポーツのことを指します。安全とはいっても、4~5メートルぐらいの高さがあるため、着地点に衝撃吸収用のマットを敷くことは認められているものの、ロープの使用は禁止されています。そのためテレビでよく見かけるような、ロープで体をつった状態で登ることは、ボルダリングには当てはまらないのだそうです。しかし、これはプロや記録を残したい人が守らなければいけないルールですので、趣味として行うのであれば全く問題ありません。安全を最優先して行うようにしましょう。

本来は山に出かけて、自然の岩を登ることがボルダリングなのですが、天候に左右されることも多い上、何より初心者には危険ですので、まずはボルダリングジムなどを利用することをおすすめします。ジムではボルダー壁と呼ばれる、人工的に作られた壁を登ることになりますが、天井からロープでつる設備もありますので、安全に楽しむことができます。このように設備が整っていることから、最近ではあえて山には出かけず、ジムだけに通う人も珍しくないのだそうですよ。

ボルダリングで憧れの体へ!

ボルダリングは非常にシンプルなスポーツですが、それゆえ自分の腕力や脚力、全身のバランスが非常に大事になってきます。最初は1メートル登るのにも苦労するでしょう。しか、しめげずに努力を続ければ、自然と全身にバランスよく筋肉がつき、効率よく体を動かせるようになりますので、どんどん登れるようになります。

全身をバランスよく鍛える、というのは実は意外と難しいことで、スポーツジムで行うような筋トレではなかなかできません。どうしても普段よく使う部分ばかりが鍛えられてしまうので、全身のバランスが崩れてしまうこともあります。特に筋肉のおとろえが著しい中高年の場合だと、バランスが崩れて、転倒しやすくなってしまったりするのだとか。さらにボルダリングの場合は、普段動かさない方向にも関節を動かすことが多いので、関節や筋肉がよりしなやかになります。

またボルダリングの魅力は、きれいな体が作れるだけでなく、仲間同士で色々なルートを試しあったり、時間や手数など独自のルールを作ったりして楽しめる点にもあります。黙々と自分でルートを考えて登るのもいいのですが、やはりあっちの方がいい、いやこっちだとにぎやかに登るのは、ボルダリングの醍醐味といっても過言ではないでしょう。このように仲間を作り、コミュニケーションをとりながら楽しめるということも、定年を迎えて人と接する機会が少なくなった中高年向きといえるのではないでしょうか。

ボルダリングの危険性

しかし一方で、ボルダリングは危険なスポーツでもあります。うっかり実力を過信してしまうと、思わぬケガにもつながりますので、そこだけは注意しなければいけません。経験を積んだからとひとりで山に出かけ、自然の岩に挑戦し落ちてしまえば、命の危険も出てきます。若いころから続けている人以外は、自然の岩には挑戦しない方が無難です。どうしても挑戦してみたい、ということであれば信頼のおけるトレーナーなどに同行してもらい、安全を確保した上で行うようにしてくださいね。

確かに危険な面もありますが、ジムなど安全に配慮した設備で行うのであればケガをする可能性はかなり低くなります。無理をせず、自分の実力に応じたレベルに挑戦するようにすれば、中高年でも十分楽しめるスポーツです。興味があるものの年齢を考えて躊躇している、という人はぜひ勇気を出してチャレンジしてみてください。ジムでは体験もできますので、まずは試してからやるかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。