HOME < 肥満に注意 < 妙なダイエット食品に気をつけましょう

妙なダイエット食品に気をつけましょう

ダイエット食品だけで痩せられる訳がありません。あくまでもサポートしてくれるものと考えて、摂取するよう心がけましょう。食べれば痩せると思い込んでいると、ダイエット食品のせいで逆に肥満が悪化する可能性もあります。

カロリーゼロは0kcalじゃない!

テレビや雑誌の広告に「食べるだけ!魔法のダイエット食品」というものがあります。とりあえず断言出来るのは、食べるだけで痩せられるものはありません。さらに言えば、どんなダイエット食品であれ、食べれば食べただけ体には何かが蓄積されます。

カロリーゼロと書かれているからと言って安心してはいけません。裏のラベルに「熱量:0kcal」と書かれていれば本当に0カロリーです。しかし、「カロリーゼロ」とは、実は5kcal未満のものに記載して良いというルールがあります。5kcal未満の熱量は、確かに少ないと言えば少ないかもしれません。しかし飲み続ければ必ず太ります。飲めば痩せるということは絶対にありません。

人工甘味料の甘い誘惑?

「こんなに甘くて美味しいのに、低カロリーだなんて信じられない!」多くの低カロリー食品を口にしたときに思う感想がこれです。甘くて美味しいのに太らないなんて、確かに夢のようですよね?実際カロリーは低いでしょう。しかし、気をつけないと、肥満の引き金となる場合もあります。

ほとんどの低カロリー商品には、人工甘味料が使われています。砂糖などと違い、甘みを感じるのに熱量が低いのが特徴で、ダイエット中の人はついつい手を伸ばしてしまうでしょう。しかし、人工甘味料ばかりを摂取していると、自然な糖分への欲求が増すと言われています。結果的に欲望を抑えられなくなって、甘いケーキやジュースを求めてしまう結果になることも多いとか。甘い話には、やはり裏があると言えます。

この他にも、よくわからないダイエット食品は大量に出回っています。もちろん、一定の効果はあるのでしょう。しかしそれは、結局あなたが普段から適度に体を動かしているからです。家でゴロゴロしているだけでは、肥満は改善されません。

ダイエット食品は、脂肪の燃焼をお手伝いするだけのものです。普通の食事に比べてカロリーが少なく、摂ることで効果的なダイエットが出来るということ。食べるだけで痩せることは出来ません。勘違いをしないよう、気をつけてください。

参考サイト ⇒ 安全な人工甘味料はどれ?9種類の甘味料の危険性・副作用一覧まとめ