HOME < 肥満に注意 < 仕事人は体が資本

太りすぎなやつは仕事が出来ない?

太りすぎなやつは仕事が出来ない?
肥満の人に対する世間の目は意外に厳しいものです。もちろんただ太っているというだけで差別をするのは決して褒められたものではありませんが、現実ではどうしようもないのも事実。あなたが仕事が出来ないと誤解されないためにも、太りすぎからの脱却はとても重要と言えるでしょう。

運動をして体力をつけることは仕事にもきっと活きてきます。誰からも尊敬される社会人になれるよう頑張っていきましょう!

太っている人への悪いイメージ

太っている人への悪いイメージ

肥満が招く印象は決していいものではありません。欧米などでは、「太っている人は自己管理ができないダメな人間」という烙印まで押されてしまい、会社をクビになるケースまであります。日本であっても、欧米ほど露骨ではありませんが悪いイメージはつきまとうもの。特に営業や接客などの業務では、お客さんに良い印象を持ってもらうために、ある程度のダイエットは必須だと言えます。

本当は能力があるのに見た目で判断されてしまうのは非常に損と言えます。ダイエットを個人的な問題だけでなく、仕事の一部として考えることは、社会人として重要な要素であるとも言えます。

部下に慕われる上司になろう!

太った上司からガミガミと怒られるのは気持ちの良いものではありません。もちろん人柄が良ければそこまで嫌がられることもありませんが、憧れられるためには容姿も重要でしょう。「○○さんみたいにかっこよくて、仕事をバリバリ出来る人間になりたい!」と思われることで、部下は自然とついてくるものです。

業務を効率的に進めるためにも、人間関係を良好に保つためにも、服装や態度だけでなく、プロポーションにも気を遣っていきましょう。

デスクワークだからこそ体力作り

一日中机の前でパソコンに向かって仕事をしていると、確実に体への負担は大きくなります。同じ姿勢のまま長時間働き続けていると、肩こりや腰痛などの辛い症状が悪化してしまいます。 適度な運動は体の調子を良くすることにもつながります。日常的な運動で、毎日の仕事も元気にこなしていきましょう!

今の仕事をまっとうするために

健康第一という言葉が示すとおり、健やかな体があるからこそ仕事にも打ち込めるというものです。あなたが今の職場を元気に勤め上げるためには、まずはご自身の体調を崩さないことが大切です。

適度な運動を継続し、今の仕事を最期まで頑張り、退職してから第二の人生を楽しんでください!