HOME < 肥満に注意 < 外に出る気がない…

外に出る気がなくなって…

肥満気味になってくると、どうしても外出が面倒になってきます。家でゴロゴロ。お菓子を食べながらテレビを…なんてしているうちに、さらにお腹にお腹がついてしまうかも?初めのうちは「たいしたことない」と思うかもしれませんが、放っておくと、大変なことになります。

気づかないうちに進む肥満…

「ちょっと太ったかな?」こんな風に自覚したときは、ほとんどの場合体重が増えています。しかし人間は自分に甘い生き物です。ついつい「気のせい気のせい!」と思い込んでしまい、事態に気づこうとしません。

体が重いと、動くのがおっくうになります。自分の重さが増えているのですから当たり前ですね。「ちょっと体がだるいかも?」みたいに感じて、部屋から出るのが面倒になります。「体調が戻ったら外に出かけよう」と思ったまま、時は過ぎていきます。

当然の結果ではありますが…

気づいた頃には肥満が進行していきます。家から出ず、食べて寝てを繰り返せば当たり前でしょう。毎日楽して生きていくのは楽しいかも知れませんが、確実に反動があります。気づいた頃には、すっかり筋肉も衰え、ダイエットの気力すら起きないかも知れません。

しかも、外に出ていなかったせいで、あなたは人から見られることを放棄していました。誰の目にも触れないと、人は自分を磨こうとはしなくなります。女性はスキンケアを怠り、男性はひげをボーボーと伸ばし放題。肥満と合わさって、さらに醜悪な姿になっていることでしょう。

勇気を出して、家からでよう!

事態の解決には、やはり運動が一番です。毎日外を歩くだけでも十分ですし、外に出るのが嫌なら家で出来るエクササイズもあります。成果は必ず現れます。あなたは自分が思っているほど弱い人間ではなかったはずです。少しだけ休みすぎて、気が弱くなってしまっただけでしょう。まずは第一歩を踏み出しましょう。

贅肉の魔の手はいつの間にか忍び寄ってくるもの。ちょっと気をつけている程度では、すぐに餌食になってしまいます。家からでない生活が続いている人は、自分のお腹周り、計ってみてください。