HOME < スポーツを通して < スポーツがもたらす生活習慣病に対しての予防効果

スポーツがもたらす生活習慣病に対しての予防効果

生活習慣病
生活習慣病は食生活や運動不足、ストレスなど生活環境が大きく影響して起こる病気です。高血圧や不整脈などの症状から脳卒中や心臓病など死に至る病気につながることもあります。スポーツをすることによって病気の原因となる脂肪を減らすことができて、病気になりにくい免疫力もつくので生活習慣病のリスクが高まる中年以降は特に体を動かすことを意識しましょう。

スポーツの種類によっても健康への貢献具合は異なります。がむしゃらに動くスポーツが必ずしも生活習慣病の予防につながるわけではありません。運動には怪我のリスクもあるので自分の体と相談しながらスポーツを行うことが大切です。


主な生活習慣病の症状

生活習慣病はメタボ体型の人がなりやすいイメージが定着しています。太っていると血管などに対する圧力が大きくなることで血圧が高くなることや不整脈が起こりやすい状態が作られてしまうことが理由です。

他にも血糖値を下げる働きが低下してしまうことで糖尿病を発症することや中年男性に多いEDの症状を引き起こすこともあります。心疾患や脳の病気につながることも多く、病院で生活習慣病と診断されたら生活を見直して体にかかっている負担を減らしていくように心がけましょう。

もし、すでにEDで悩まれているのであれば、バイアグラの服用も検討してみましょう。現在は、バイアグラのジェネリックも出ており、より安価な値段で購入することができます。ネット通販などの利用でバイアグラを購入することもできますが、自分にあったものでないと身体にもよくありません。1度、必ず医師に相談するようにしましょう。

生活習慣病の予防を意識したスポーツ

生活習慣病のリスクを下げるためには体についている不要な脂肪を取り除くことが大切です。スポーツをすることによって脂肪がエネルギーとして使用されるため体についている不要な脂肪分を低下させることができます。

ハードな運動をしたらいいわけではなくソフトな運動がおすすめで、特にウォーキングなどは病気予防を意識した運動の中では最適です。運動量が多くなると脂肪がエネルギーとしてなかなか使用されないことや怪我をしてしまう可能性があります。スポーツにおいて怪我をすることは運動を行うことができないことになるので避けたいところです。特に日頃から運動をあまりしてないとちょっと体を動かしただけで思わぬトラブルになることもあります。

また水中運動も全身の体を動かすことになるのでバランスのよいスポーツで、泳げる環境が近くにある場合は利用して体を動かしていくとよいでしょう。どのスポーツをする場合も共通して言えるのは体と相談しながら負担の小さい範囲で行っていくことです。

生活習慣病を甘く見ない

生活習慣病は初期だと自覚症状がないことも多く、会社の付き合いなどもあって食生活の改善をしない人もいます。仕事の関係だと仕方ないところもありますが、ウォーキングのように軽いスポーツなら会社の行き帰りでも少し工夫をすれば可能です。病院の定期健診などを受けて示す数値に問題があるようなら早めに対策をしましょう。

健康を作るために運動が大切なのは昔から言われていることです。現代人は昔に比べるとデスクワークの増加から慢性的な運動不足になっているケースも少なくありません。自発的にスポーツすることを心がける必要があります。健康を意識するだけでなくスポーツの楽しさを知ることで体を動かすことがもっと好きになるでしょう。続けることで効果が出てくるので長期的に続けられるスポーツで生活習慣病の予防につなげていきたいものです。