HOME < おすすめの運動 < 天候に左右されずに楽しめるスカッシュ

天候に左右されずに楽しめるスカッシュ

スカッシュ
四方を壁に囲まれたコートで、小さなゴム球を打ち合うスカッシュ。天井があるため3次元のコートとなり、テニスとはまた違った楽しみ方ができるスポーツです。屋内競技ですので天候に左右されることなく楽しむことができ、運動量も多いのも魅力です。


スカッシュはイギリス生まれ

スカッシュはイギリスのロンドンでうまれたスポーツで、19世紀に囚人たちが、退屈しのぎとして四方を囲まれた監獄の中で、テニスラケットを使って打ち合いをしたのが発祥といわれています。用具も少なく、コートさえあれば誰でも気軽に楽しめることから競技人口は世界188ヶ国に2000万人と、日本ではマイナーながら海外では人気なようです。

スカッシュには細かいルールがあり、コートは四方に囲まれていますが基本は前に打ち返すのみ。ただ打ち返す際、前面やサイドの壁に引かれた一番上のラインを超えてしまうとアウトになります。ほかにも最初の1球を打つ際は、足を置くポジションや打っていい範囲が定められています。また、ボールを打ち返すのは、ワンバウンド以上させないなどのルールがありますので、始めのうちは、細かいルールを覚えるのが少々大変かもしれません。ただテニスと通じるものがありますので、経験者でしたらそこまで抵抗なく覚えることができるでしょう。

スカッシュは世界一健康なスポーツ?

狭いコートを使用するスカッシュですが、実は結構ハードなスポーツといわれています。ある雑誌が様々なスポーツを対象に行った調査によると、スカッシュは、世界一健康なスポーツという結果が出ています。これは、ほかのスポーツに比べて消費カロリーが多いということで、1時間で普通のプレーヤーでも平均700キロカロリーも消費するのだとか。軽いジョギングでも1時間走ってやっと500キロカロリーくらいなので、いかに消費カロリーが大きいかがわかりますね。短時間で効率よく運動が行えますので、忙しくあまり時間が取れないという人でも健康的な体型を手に入れることができるのです。

またテニスと違って体をひねる動きが多くなるため、ウェストまわりのシェイプアップには、かなりの効果を発揮するともいわれています。年齢を重ねるごとにどうもお腹周りが気になってきた、という人にもぴったりですね。そのため最近ではスポーツクラブでもスカッシュコートを設置する施設が多くなってきて、ストレス解消やダイエットなどの様々な目的で利用されているのだそうです。

このようにハードな運動という一面もありますが、もちろんレクリエーションとしてラリーを続けながらゆったりとも楽しむこともできます。屋内競技のため日焼けの心配がなく、女性も抵抗なくプレーできますので、夫婦やカップルなど2人で楽しむ人が少なくないのだとか。

ボールを打つことでストレスやイライラも解消することができますので、険悪だったりしても、終わったあとは不思議と素直に謝ることができ、仲直りのいいきっかにもなるのだそうです。そのためスカッシュを始めてから、ケンカの数が減ったとか、以前より会話が増えた、という夫婦も少なくありません。

さらに続けることで体型もどんどん引き締まって行きますので、お互い異性として意識できるようになります。特に女性は、ダイエットに成功するだけでよりおしゃれに磨きがかかりますので、グッと魅力的になりますね。そのため、まるで新婚の頃のような2人に戻れたという夫婦もいるのだとか。旦那さんのEDも改善し、長らくご無沙汰だった夫婦生活まで復活したという話もありました。EDの原因は様々ですが、やはり相手を異性として意識できなくなってしまったり、運動不足で血流が滞っていたりすると起こってしまうことが多いようです。バイアグラなど薬で治療する方法もありますが、運動や女性の努力で改善するのであれば、女性にとっても嬉しいことですね。

もし最近、夫婦の会話が減っていたり、衝突することが多くなったりしてしまったという人は、ぜひスカッシュを2人で始めてみてください。ストレスや運動不足を解消できることはもちろん、夫婦仲まで改善するかもしれませんよ。