HOME < スポーツを通して < スポーツはストレス解消にも最適

スポーツはスポーツはストレス解消にも最適にも最適

ストレス解消
スポーツのメリットは、身体の健康を得られることだけではありません。日常の雑事を忘れ、リフレッシュできるという精神的な効果もあります。 特にストレスフルな現代人こそ、体を動かすことが必要なのです。


楽しめるスポーツは、体内のストレスホルモンを減らす!

「気分がムシャクシャしている時は、スポーツで汗を流すのが一番」と、よく昔から言われます。実際に運動をしている人なら、経験からそれが分かっていると思いますが、普段スポーツとは縁遠い人は「本当かなぁ」と怪しんでしまうかもしれませんね。

しかしスポーツには、確実にストレス解消の効果があります。特にウォーキングやジョギング、水泳、テニスなどの有酸素運動がおすすめです。もちろん仲間と楽しくおしゃべりしながらできるゴルフや、登山などでもいいでしょう。

私たちの体内では、ストレスや怒りを感じた時に「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。これが過剰になると、精神的にイライラするのはもちろん、血管が収縮して血圧が上がったり、免疫力が低下したりするのです。 「ストレスはがんの一因になる」といわれるのも、コルチゾールの増加が関わっていると考えられています。

このコルチゾールを低下させるのが、適度な運動なのです。ただし体がきついと感じるようなハードな運動をすると、逆にコルチゾールが上がってしまいますので、あくまで「楽しめる」スポーツをすることが大切です。 仲間と語らいながら、気軽にできるような運動を日常の中にとり入れましょう。

スポーツは自律神経も整えてくれる!

スポーツには、もう1つ「自律神経のバランスをとる」効果もあります。私たちの体では、日中の活動時や緊張時に優位になる「交感神経系」と、リラックス時に優位になる「副交感神経系」の2つが、互いにバランスを取り合っています。

交感神経系が常に優位になってしまうと、ストレスがたまって心身が休まらなくなりますし、逆に副交感神経系ばかりが優位になると、やる気が失われてボーッとしたりするのです。

スポーツは体を使いますから、交感神経系を刺激します。そして気持ちよく汗を流した後は自然と副交感神経系が活発になり、心地いい疲れと安眠がもたらされるのです。 そのようなメリハリが、人を健康的にします。

毎日ストレスフルに過ごしている人は、自律神経のバランスが崩れがちです。ぜひ楽しめるスポーツを見つけて、上手にリフレッシュしてくださいね。