HOME < 生涯学習の重要性 < 好きな音楽と一緒に運動して時間を忘れよう

好きな音楽と一緒に運動して時間を忘れよう

好きな音楽
運動が続かない、という人が行っている運動といえば大抵ウォーキングやジョギングではないでしょうか。または筋トレを中心としたものなど、どちらにせよなかなか楽しさを見いだせない種類のスポーツですね。ダイエットや健康的な体になることが目的だと、どうしても運動が億劫になってしまいがちです。

そこでそんな長くてツラい運動の時間に、好きな音楽を取り入れてみましょう。音楽を聴きながらそのテンポに合わせて歩いたり走ったりすると、意外と長い距離も短く感じます。


テンポのよい音楽で、楽しい運動の時間に

音楽を聴きながらウォーキングやジョギングをやっている人は結構いますね。ただ比較的若い年代の人に多く、中高年ではあまり見かけません。ですがネット上の音楽ストアには、若い年代が好むようなジャンルだけでなく、懐かしのジャンルも幅広く扱われています。スマホが1台あればそれが携帯できる音楽プレーヤーになるので、ぜひストアをのぞいてみてください。

また音楽を聴きながらウォーキングやジョギングをするなら、歩いたり走ったりしやすいアップテンポの曲を選ぶのがおすすめ。音楽を聴きながらだと耳に入ってくる音に合わせてしまいがちなので、どうせなら速めのテンポで運動量アップを目指しましょう。逆に今日はゆっくりめでも、長い時間運動しようという人はゆっくりめのテンポの曲をチョイスするといいかもしれません。アップテンポの曲、ゆっくりな曲、というようにプレイリストをそれぞれ作っておくと便利ですよ。

ただスマホはあれど、音楽を聴けるようにできるほど使いこなせていない。そもそもガラケーで、音楽を聴ける仕様ではないという人は、MP3プレーヤーやiPodを1台用意してみましょう。ハイテク機器は正直苦手、という人でも最近は家電量販店などで使い方をていねいに教えてくれます。どちらも本体は小さく、携帯していても大した負担にはならないのでぜひ検討してみてください。

楽しい時間、でも気を付けて

音楽を聴きながらのウォーキングやジョギング、楽しい時間になることはなるのですが、ぜひ音量には要注意。公園など、車も自転車も絶対に来ないというところなら安心ですが、公道だと思わぬ事故の原因になります。車のエンジン音や周囲の人の会話の声が聞こえないほどの音量のまま歩いたり走ったりしていると、本当に危険です。

実際に音楽を聴きながら歩いている人が事故にあった、というケースは後を絶ちません。今のところ音楽を聴きながら歩いたり走ったりすること自体は法律や条令で禁止されているものではないため、問題はありませんがぜひ気を付けてください。耳が少し遠くなってきたなど、少しでも不安があるなら公園内だけで音楽を聴くようにするなど工夫をしましょう。

音楽を聴きつつ歩いたり走ったりすると、時間の体感が本当に短くなります。とくに好きな音楽だと、あっという間に感じるはず。普段よりも楽しく運動ができるでしょう。ただ事故の危険など、音楽を聴きながらのウォーキングやジョギングは色々危険もはらんでいます。音量を控えめにしたり、聴く場所を工夫するなどし、安全に楽しく運動を行ってください。こうした工夫は、自分の身を守るだけでなく車や自転車に乗っている人たちのことも結果的に守ることになります。音楽を聴くときは、必要以上に周囲に気を配りつつ運動するようにしてください。