HOME < 肥満に注意 < スポーツで内臓脂肪を溜め込まない体に

スポーツで内臓脂肪を溜め込まない体に

内臓脂肪
皮下脂肪に比べ、ちょっとした努力で落ちやすいといわれる内臓脂肪。食生活を見直し、運動を取り入れれば割と短期間でダイエットに成功することも多いそうです。しかしここで油断してはいけないのが、内臓脂肪の怖いところ。一度落ちた内臓脂肪も、以前のような食事や運動しない生活に戻してしまえばあっという間に脂肪まみれの内臓に。そこでせっかく努力して落としたのですから、運動する習慣はそのままに、脂肪を溜め込まない体作りにシフトしてみましょう。


なぜダイエットには有酸素運動がいいのか

皮下脂肪や内臓脂肪など、主に脂肪を落とすために行う運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的といわれています。脂肪が燃焼され始めるのは運動を始めてから20分前後かかる、といわれているため激しくはないものの、長時間エネルギーを消費し続けられることが理想といわれているため。もちろん激しい運動がダイエットに適していないわけではないのですが、それを長時間休みなく行うのはきついものがありますね。そういった理由から、ダイエットなら有酸素運動というのが定説。

ただ有酸素運動の場合、運動量自体はそこまで大きくはありません。筋肉を増やすことが目的の場合は不向きな運動とされています。ですが筋肉が少ないとエネルギーを消費する力、代謝が低くなってしまい、脂肪を溜め込みやすい体に。それだけでなく代謝が悪いと血流も悪くなるため、冷え性や肩こり、腰痛などを招くこともあります。なのでダイエットが成功したら、せっかくついた運動の習慣をいかすためにも筋肉を増やすことに長けた運動に切り替えるのがおすすめです。

ダイエットに成功したら、無酸素運動へ

筋肉をつけるために効果的といわれているのが無酸素運動。短距離走や筋トレなど、瞬間的に筋肉に大きな負荷をかける運動です。これを続けていくと見た目にも筋肉質になり、基礎代謝をアップさせることが可能に。ただ瞬間的な負担が大きいため、運動不足で運動に慣れていなかったり高血圧などの持病を持っている人には不向きといわれています。なのでダイエットを行い、より体を健康に近い状態にしてから取り組むことでメリットだけを得ることができるのです。

ただ基礎代謝アップが目的の無酸素運動なら、100メートルを全力疾走したり重いダンベルをあげるなど、つらい運動は必要ありません。テレビを見ながら腹筋や背筋をしたり、階段をのぼりおりするなどウォーキングやジョギングよりも少しだけつらい、と感じる運動でOKです。とくに中高年は加齢によって本人も無自覚なうちに筋肉量が減っています。それを補うためにも、適度な無酸素運動で筋肉量を維持することが重要です。筋肉の量を維持することができれば、何でもない段差につまずいて転倒というような、思わぬ事故を防ぐことができます。転倒して骨折、からの寝たきりというのは高齢者にいちばん多いパターンなのだそうです。将来的に寝たきりにならないためにも、無酸素運動を取り入れましょう。

大抵の人は、内臓脂肪を落とすことだけが目的になりがちですが、実はもっとも重要なのは落としたあと。いかにリバウンドしないように気を付けるか、というのが難しいのです。軽い無酸素運動を取り入れることで代謝もあがり、脂肪がつきにくくなるだけでなく血行促進にも効果的。全身の血行が悪くなると冷え性や肩こりだけでなく男性ならED、女性だと月経痛や生理不順といった改善が難しい症状が出てくることも。EDや生理不順などの場合、バイアグラやピルといった薬も存在しますができれば薬に頼らず改善させたいものですね。ぜひダイエット成功の次は、無酸素運動にチャレンジしましょう。